女性

ガーデニング用品の選び方|便利な通販を活用

夏野菜を育てる

野菜

肥料を好む

キュウリは、夏野菜のひとつで生長速度が早いため、他の野菜よりも短い期間で育てられます。キュウリの種類はたくさんあり、味が良いものや病気に強いものなど様々な種類が販売されています。そのため、キュウリの種類は育て方によって選ぶことが大切で、初心者は育てやすい種類を選ぶと上手に育ちます。キュウリの育て方で重要になるのが土作りで、根が浅く広がるため水はけが良く、空気を含んだ土を好みます。そのため土は深くまで掘り起こす必要はなく、20センチ程度まで耕せばキュウリは上手に育てることが可能です。またキュウリは生長するときに多くの肥料を必要とするため、育て方としては肥料切れを起こさないように常に肥料を与えます。苗は葉が4枚になった頃が植え付けのタイミングなので、60センチほどの間をあけて植え付けます。キュウリの苗はすぐにつるを伸ばすため、植え付けをする時には仮の支柱を立てて、つるを誘導します。キュウリは連作障害を起こす植物なので、育て方としては同じ場所で栽培を行うのは避けた方がよく、どうしても同じところで植える場合は3年は期間をあける必要があります。キュウリは支柱を立てた育て方をしますが、本来はつるが地面をはって育成する植物なので、地面にワラを敷いて地面の温度を保ちます。成長期には栄養を根にまわして十分に根を張らせることが大切なので、成長期にできるわき芽は全て摘み取ります。また収穫では株の成長を早めるために、最初の実は小さいうちに収穫して株を大きくすることが重要です。